緩和ケア研修会に参加しました

  • 2010/05/18(火) 18:32:31

5月15 日と16日、緩和ケア研修会に参加してきました。

この研修会は質の高い緩和ケアを「いつでも・どこでも・適切に」提供できることを目的に「がん対策基本法」および「がん対策推進基本計画」に基づき厚生労働省が推進して実施されている研修会です。


この研修会に参加してがんの患者様など、緩和ケアを必要とする方への医師のとるべき態度や、告知の仕方、麻薬の使用法などを学びました。


すわって講義を聞く部分もありますが、グループワークが中心で、さまざまな架空の症例を使ってロールプレイをしました。
ロールプレイでは参加者(多くは医師)が3人のグループになって医師役、患者役、観察者になります。演技とはいえ、手術ができないことを告げられるがん患者さん役を担当すると、意外なほどのめりこんでしまい、実際に手に汗を握って医師役(役とはいっても本当の医師ですが)の話を聞き入ってしまいました。(ほかの患者様役のかたたちも同様の感想を持っておられたようです)
進行がんの告知、麻薬の使用に際しての説明など、今までの医師として実際に何度も経験してきたことではありますが、患者様側の立場を経験し、新たな発見をたくさんすることができました。

当クリニックでは入院して癌の治療をうけたかたが、自宅にかえっても切れ目なく安心して療養できるようにこれからも努めていきたいと考えております。現在入院中であり、いずれは在宅での療養を希望しておられる方はご遠慮なくご相談にきていただきたいと考えております。


土日に泊り込んでの軟禁状態での研修で多少疲れましたが、近隣の診療所の先生方や、東大阪総合病院の先生方、パラメディカルの方々と交流することができ、有意義な2日間でした。
週末に子供と顔を合わせる時間がなくなり、少しさびしい気分になりましたが、夕方6時過ぎに疲れた体で帰宅するなり、子供たちがしているドッジボールに参加させられました。
このドッジボールは自分にとっての緩和ケアになったでしょうか?
日がながくなりましたね。