インフルエンザの検査?

  • 2009/08/21(金) 10:49:50

夏ですが、新型インフルエンザの影響でインフルエンザの迅速検査を実施する機会が増えています。
インフルエンザは上気道(のどや鼻)の粘膜で増殖して、くしゃみや咳と共に周囲に散らばります。
その飛まつを吸入してしまったり、地面に着地したものが乾燥して空気と共にのどに入ってくると、吸い込んだ人ののどの粘膜でまた増殖します。

のどに付着したインフルエンザウイルスは、粘膜の細胞の中に住み込んで増殖してきます。
インフルエンザが増殖することでのどの粘膜で、ある種のサイトカインなるものが産生され、熱や全身倦怠感の原因になります。

インフルエンザウイルスは感染力が強く、かかったときの症状もきついのですが、他の多くのウイルスと違って、ウイルスの増殖を抑える治療薬が存在します。
したがって、はやく診断をつけることが重要になります。

クリニックで実施しているインフルエンザの迅速検査はのどの粘液を採取して調べます。
具体的には
〔碧世任里匹留をこすって粘液をひっつけてくる
鼻のあなからのどの奥にとどくまで綿棒を入れて粘液をひっつけてくる。
I/紊鮑亮茲垢

以上の方法で採取した粘液を特定の検査キットを使うことで10〜15分で判断します。

一般には綿棒を使う方法で検査します。鼻の穴からいれる方法が一番ウイルスを感知しやすいのですが、のどを直接こする方法とは大差がないようです。鼻の方法は多少ぴりっと痛むことがありますが、耐えられないようなものではないです。のどをこする方法では嘔吐反射が出てこっちのほうがつらいこともあります。

検査のタイミングですが、発熱後12時間程度経過してからすることをお勧めします。
熱が出てすぐに粘液をとっても、のどの粘膜で十分にウイルスが増えていないので、かりに感染していても検査が陰性になってしまう可能性が高いからです。

とにかく、かからないのが一番です。
うがい、手洗いを繰り返しましょう。